これをやると絶対に断られる

キャッシング申込の際にいくら急いでいるからといって、申込の際に嘘を申告したり、無職なのに申込したりすると確実にお断りを受けます。

 

しかしキャッシング即日に利用することしか頭にないと、なんとか誤魔化せるのではないかと淡い期待を抱いてしまいますが、虚偽申告は遅かれ早かれ確実にバレます。

 

あと申込する際に自身が債務整理中である事を言ってしまう事もお断り事由のひとつです。

 

しかしこれも審査の段階で過去の事故履歴を調べられ事故歴があると即お断りとなりますので、これも遅かれ早かればれてしまいます。

 

債務整理や自己破産歴のある人の申込については貸金業者も非常に冷たい態度に変わりますし、逆にまだ懲りないかと説教されることもあります。

 

確かに過去自身の信用を散々傷付けておきながら、自分を信じてまたおカネを貸してくれとキャッシング即日利用を申し込んでくるという方が虫のいい話です。

 

自己破産や債務整理中の人はそもそもおカネを借入してはいけない人ですし、その事実が仮に分かった時点で即お断りとなります。

 

あと他社からの借入総額が既に総量規制の額を超えているような場合もお断りとなります。

 

総量規制とは年収の3分の1までしか新規の借入は出来ないというルールであり、キャッシング即日利用の総額が年収の3分の1以上あるような場合は、法律の制限によって残念ながらお断りとなります。

 

このようにキャッシング即日利用の新規申込のどこかのタイミングでこれらの事象がわかると確実に申込する事はできないのです。

 

何でも知っている信用情報機関

カードローンの申込をする際に必ず行われる審査という過程で使用されるコンテンツに個人信用情報機関という信用情報機関があります。

 

これはどういう機関かと言いますと、新規でキャッシング即日利用の申込を受けた際に、その申込者がいう他社からの借入件数の申告情報が正しいかどうかを確認する為に使う機関で、そこでは特定の貸金業者の名前こそ出ないものの、具体的な借入件数と金額をリアルタイムで知ることができます。

 

また個人信用情報機関には大別して3種類あり、JICと呼ばれる消費者金融系の個人信用情報機関と、CICと呼ばれる信販クレジット系の個人信用情報機関、また銀行カードローンでは更にKSCと呼ばれる銀行系の個人信用情報機関3つに照会をかける事になります。

 

この照会でその申込者がキャッシング即日利用してもしっかりと返済するだけの余力があるのかどうかを確認され、融資判断の材料とされます。

 

また過去に事故があったかどうかも確認する事ができ、もし過去にローンで焦げ付きが合ったような場合も、ローン会社では知る事が出来てしまうのです。

 

貸金業者は基本的に総量規制のルールを批准するようにしますので、もし総量規制に抵触するほどの借入が既にあるようであれば、新規でキャッシング即日利用をする事は出来なくなります。

 

個人信用情報機関とは自分自身の信用情報が丸裸にされる機関であり、嘘が通じず真実の情報が管理されているところなのです。

 

キャッシング即日利用できない人

キャッシング即日で使いたいと思って新規で申し込んでもなかなか審査で引っ掛かってしまい、ローン実行に至らない人や、電話で申込している最中に先方から突然「申し訳ございませんがご希望に沿うことが出来ません」と言われてしまう人にはどのような理由があるのでしょうか。

 

キャッシング即日利用が出来ない場合のケースをいくつかお話していきたいと思いますが、まず一つに年齢があります。

 

カードローンの申し込みは必ず20歳以上となっていますが、上限に関してはあまり設けていない貸金業者もあります。

 

しかし年齢上限も表記して居ないだけで実際はシッカリとガイドラインとして設けられており、だいたい新規で申込出来る年齢上限は69歳までとなっているようです。

 

確かに69歳で新規申込しても完済するまで生きて居られるかわかりませんし、いくら働いていたとしても年齢的な理由で貸倒れ化する可能性があります。

 

年齢上限は言っている貸金業者もありますが、総じて65歳前後までが上限と覚えておくと良いでしょう。

 

またそれ以外にも反社会的勢力に属して居るような方もキャッシング即日利用はできません。

 

これは貸金業者の判断というよりも暴対法に則った国としての方針であり、制度化されたルールですから、貸し金業者独断で決めたルールではありません。

 

反社会的勢力に属している方は新規で銀行口座も作れませんし、家を借りることも出来ず、あらゆる契約行為が無効となります。

 

従ってローン契約も問答無用で無効化されてしまうのです。

 

キャッシング即日利用不可事由

カードローンの新規申込をしてからキャッシング即日利用が出来ない人には、一種の傾向があります。

 

ここではそんなキャッシング即日利用が出来ない人の傾向についてお話していきたいと思いますが、まず即日利用できない人は大いにして信用情報が悪い人が多く、個人信用情報機関から正確な他社からの借入件数を拾ったとして1件どころか5、6件くらいから借入しているような人を時々見かけます。

 

しかし1件当たり50万円借入したいたとした場合、6件で300万円の借入となりますので総量規制の観点から見ても年収1千万近くないと借入出来ない件数です。

 

しかし消費者金融や信販系カードローンを利用する人の多くは年収100万円から300万円の層が中心となりますので、到底彼らの年収に匹敵するほどの額は借入出来ません。

 

つまり総量規制などお構いなしで貸付している悪徳消費者金融からの借入である場合が多いのです。

 

実際に申込時に本人申告でどこの会社から借入しているかを聞けば金額は聞かずともなんとなくわかります。

 

まず大手から借入して居ない時点で大手は既にお断りしている顧客であると判断します。

 

そして実際に借入している金融業者があまり聞いたことのないような金融業者だと、大手から借入出来なかったから法外な金利負担を要求する金融業者から借入している事実から、かなり貸し倒れリスクのある顧客と判断するわけです。

 

このようにキャッシング即日利用を申し込んできても、借入件数が多ければそれだけ月々の負担は大きくなりますので、新規貸し付けは危険と判断され、キャッシング利用不可となるのです。

 

キャッシング即日申込は諸刃の剣

もしあなたがこれからキャッシング即日借入の申込をしようとしている金融業者が悪徳業者だったとしたら?大手の貸金業者や銀行系カードローンであれば問題ありませんが、中には最初から貸す気が無いにもかかわらず、新規でキャッシング即日利用の申込を受ける金融業者もあります。

 

これが悪徳金融なのです。

 

悪徳金融の多くは資金需要のある顧客に対して新規で申込を受け付けるだけ受け付けます。

 

そしてその内容を審査する事もなくそのままいったんお断りの返答をします。

 

しかしその後、「うちではお断りですが他社なら大丈夫かもしれません」と言葉巧みに別の金融業者を紹介し、そこでもキャッシング即日利用の申込をさせるが、そこでも断られまた別な業者を紹介されるという新規申込のたらい回しが発生します。

 

実は彼らは最初から売買目的で個人情報を集めている名簿業者であり、彼らは申し込んだ内容を別な悪徳金融業者へ売るのです。

 

そしてその金融業者がその住所宛にDMを送る、または電話をかけてセールスを行う、さらには強引に銀行口座へ振り込み貸付行為を行ういわゆる押し貸し行為をします。

 

これらのきっかけはすべて金融業者を語る名簿業者へ自身の個人情報を提供してしまった事によって発生してしまった事故であり、実際にそういった名簿業者は多数存在します。

 

もしこれからキャッシング即日利用申込で金融業者宛に申込をしようと思っているのであれば、本当にその業者が都道府県知事の認可を受けた、正規の金融業者かどうかを見極める必要があります。

 

そして自身の個人情報を無料で提供する事のないよう細心の注意を払う必要があるのです。