キャッシング即日希望の事前準備

これから新規でキャッシング利用の申込をするにあたって、事前に準備しておくべき事がいくつかあります。

 

それは最初に自身が申し込み条件を満たしているかどうかの確認が必要です。

 

キャッシング即日利用可能な信販系クレジットやローン会社には、申込する上での条件があり、その条件を満たさないと申込する事ができません。

 

その一つに安定収入がある事です。

 

安定収入というと抽象的に聞こえますが、要するに毎月収入が必ずある事が条件になります。

 

別に働いて居なくても例えば駐車場の収入があるとか、貸している家の家賃収入があるといった事でも構いません。

 

何らかの形で所得がある事が前提になります。

 

そしてこれらを対外的に証明する方法がなくてはなりません。

 

つまり在籍確認や営業確認で間違えなく、その人が働いている事や営業している客観的事実が証明できなくてはなりません。

 

会社勤めされている人なら在籍確認は容易ですが、自営業でも営業確認が取れない人にはいくらキャッシング即実利用を希望されてもその要望に沿うことはできません。

 

従って勤めにっ出ている方なら良いのですが、自営業者の方はまず在籍確認や営業確認、そしてこれらを客観的に証明するだけのものを用意する必要があります。

 

その一つが営業の拠点となっている場所を所在地とした確定申告書の控えを用意しておくようにしてください。

 

確定申告書は営業確認が取れなかった時の最期砦であり、これが用意できない自営業者はキャッシング即日利用出来ません。

 

つまりしっかりと税金を納めている自営業者でなければ申込すらできないという事になるのです。

 

金利はこちらから指定できない

これからキャッシングの申込するにあたりどうしても気になるのが、キャッシング即日利用の際に発生する1日当たりの金利です。

 

この金利負担を少しでも軽くするために多くの申込者がまだ正式に契約もしていない中で一方的に金利を指定してくる方が居ますが、金利に関しては借りて側が具体的な金利を指定することは出来ず、あくまで貸し手であるローン会社がその金利については決めます。

 

従って広告や宣伝文句に他社を凌駕するくらい低い金利の額が載っていたとしても、実際申込時に言われた金利の額は全く異なる金利を提示され、その金利じゃないと手続き出来ないと言われトラブルになる事もあります。

 

従っていくら低い金利を希望しても必ずしもその希望をかなえてくれるような金利では行かないという事を知っておく必要があります。

 

但し大口のキャッシング即日利用枠である場合は、金利低くなる傾向にあります。

 

ここでいう大口とは枠が500万円を超える額を指しますが、この大口融資に際しては、金利水準を低くしておかないと金利負担だけでも毎月大変な額になり貸す側としても貸し倒れリスクが高まります。

 

従って500万円から1000万円クラスの大口の貸付に関しては金利水準がやや低めに設定されているのが一般的で、利用枠100万円未満の小口貸付けのキャッシング即日利用の金利は最高水準、つまり15%から18%前後という高い金利枠で設定されるのが一般的なのです。

 

目的が明確ならより低金利に

一般的にカードローンは資金使途が自由である事から、キャッシング即日利用も即日返済も自由ですが、どんな目的に使っても構わないカードローン故に金利はどうしても高めに設定されてしまいます。

 

しかし予め資金使途が明確であるような場合は、目的型ローンという商品を使う事で、キャッシング即日利用サービスほど利便性は高くありませんが、金利は幾分安くなります。

 

例えば予め車を購入するとか家を買うとなった場合、ローン会社並びに金融機関等へ見積書を持って行く事で、その見積書の額に合った額を融資してもらえます。

 

もちろんローンの実行ですから事前審査はありますが、その審査を経てローン実行となるとローン会社から直接業者へその代金が支払われます。

 

ここで通常のカードローンと異なる点として、そもそもこれはカードローンではなく一度借入した後はずっと返済し続けていくタイプのローンであるという事です。

 

つまり繰り返し使っていく事が出来ないローンである事が特徴です。

 

これを金融用語で証書貸付と言います。

 

この証書貸付は何かの目的がある際に借入する時に使うローンで、一般的には車のローンや家のローン、ブライダルローンといった目的が明確に定まったローンに使います。

 

その代わりキャッシング即日利用並びに返済が出来ないタイプである事から、金利が通常のカードローン金利より大幅に低く設定されているのが特徴です。

 

もし予め目的が定まっているカードローンなのであれば、こういった目的ローンを使ってみるのも方法かもしれません。

 

おまとめ希望なら事前に確認

ローン会社には借金一本化ローンと呼ばれるローン商品があります。

 

しかしこのローンは取り扱っている貸金業者と取り扱っていない業者があるので、予め確認する必要があります。

 

多くの貸金業者はキャッシング即日利用に対応するための整備は取っていますが、この一本化ローンについては、貸付方法がカードではなく証書貸付ですので、スピーディーなキャッシング即日利用以外のノウハウのない貸金業者もあるのです。

 

そういったキャッシング業者にはもともとこういった、借金おまとめローン的なものがなく、場合によっては高利で貸付するカードローンでおまとめを勧められる可能性があるのです。

 

確かに複数の高利ローンを1つにすれば同じ高利でも負担は幾分軽減されますが、それでも18%前後で貸付されるローンで、貸付されてもまとめるメリットはあまり感じられません。

 

キャッシング即日サービスのメリットはイザという時に使うからこそその効果を実感できるわけで、借金の1本化という目的が予め決まっており、カードローンのように繰り返し使う必要もないのであれば、低金利で証書貸付するおまとめローンを使った方が毎月の負担は軽減されます。

 

それ以外にも証書貸付けはカードローンのように繰り返し使うことがないため、返済計画をしっかりと立てさえすれば、計画的に返済を進めていく事も可能です。

 

キャッシング即日利用できるローン会社だけで選択するのではなく、借金を一本化する目的型ローンも視野に入れながら選んでみるとよりお得に完済する事が出来るでしょう。

 

申込時に嘘はつかない大原則

カードローンのキャッシング即日利用の申込は一刻を争うタイミングで訪れます。

 

そのため申し込みを受けるローン会社側も速やかに申し込み手続きを完了させるための方法を熟知して居ますし、実際申込は非常に迅速で手際よく行われていきます。

 

しかし一刻を争うタイミングでやってくるお客さんは、勤務先や他社からの借入件数などの顧客申告内容が適当だったり、また有耶無耶にされることもあります。

 

貸す側の貸金業者もプロですからおかしいなと思うことは多々ありますし、そういったお客さんにはマニュアルにないものを徴求する事もあります。

 

しかしいろいろ細工して貸金業者側を騙そうとしても、結果的にその嘘は遅かれ早かればれる事になります。

 

もし申込から審査の過程でついた嘘がバレたらどうなるのでしょうか?また融資が実行された後に申告内容が嘘であった場合どういったペナルティがおきるのでしょうか?

 

まずの申込から審査の過程で嘘がわかった場合ですが、これはどのような場合においても嘘がわかった時点で手続き終了となりお断りとなります。

 

また融資が実行された後になって嘘がわかった場合ですが、この場合は期限の利益の喪失といってキャッシング即日全額返済を求められるという非常に重いペナルティが待ち構えています。

 

キャッシング即実全額返済というのは、いきなり貸金業者の人が自宅に押し掛けてくるのではなく、嘘がわかった時点で出金を止められてから回収に入ります。

 

このように嘘をついて申込すると、昨日まで使えっていたものが突然使えなくなるという理不尽な状態に陥るのです。