キャッシング即日利用がトレンド

突然ですがクレジットカードやローンカードの申込からカード発行までにかかる時間はおおよそどれくらいかかるかご存知でしょうか。

 

今新規で無担保のローンカードを申し込んでキャッシング利用するまでにかかる時間は最短35分で可能です。

 

その人の事を何も知らずに無担保の信用だけで貸金業者が融資をするのにかかる時間はたった35分で可能なのです。

 

かつてカードを申し込んで審査を通してからローンカードを発行するまでにかかった時間は1週間はかかっていました。

 

ところが1990年代から消費者金融業者が続々と導入した無人自動契約機の登場でカード発行までにかかる時間は大幅に短縮され、現在のような状態になっています。

 

そしていつからかキャッシング即日利用が当たり前の時代になってきたのです。

 

キャッシング即日申込で即日利用が当たり前になってくると、それこそ今大至急おカネが必要というニーズにもこたえていく事が出来ます。

 

実際に突然の不幸があった時や、救急病院に運ばれて多額の治療費を一時的に立て替えなくてはならない時など、消費者金融のカードローンはその、キャッシング即日対応の利便性を最大限駆使し多くのニーズの受け皿になってきた経緯があります。

 

そして今となってはキャッシング即日申込がごく当然に行われる時代になってきたのです。

 

申込に当たっては条件がある

さて、このキャッシング即日申込をする際には申込するにあたって事前条件があります。

 

それは多くのキャッシング業者が統一した条件を提示しているわけですが、まず満20歳以上で安定した収入があり、ATM等で返済する手段の確保が可能である事、そして日本国籍を取得している日本在住の人に限るとなっております。

 

まず満20歳以上で安定した収入がある事に関しては、社会のルール上ごく当然のルールであります。

 

また日本国籍を取得している日本に定住している人という条件については、人種差別などではなく単に外国籍で外国に居住している人にお金を貸しても母国に帰られてしまっては返済手段が絶たれるからという理由です。

 

また言葉の問題もあります。

 

日本語が通じない人であれば、いくら日本式のルールを言っても通じませんしトラブルを抱えるだけです。

 

つまりキャッシング即日利用を希望するのなら、利用する事よりも返済手段の確保が第一条件にあるのです。

 

確かに借りるだけ借りて返済せずにトンずらされては溜まったものではありませんし、借りた側もそこはシッカリと返済する義務がありますので返済手段を確保する必要があります。

 

このようにキャッシング即日利用する上では申込条件というものがあり、この条件を満たさないと利用どころか申込すらできないのです。

 

もしキャッシング即日利用を希望するなら、申込条件を満たす必要がありこれを満たしてから申込のステージに立つ必要があります。

 

申込をすると必ず審査がある

キャッシング即日申込には必ず審査があります。

 

それはローンカードの性質であり、特性でもありますが、無担保で信用だけでおカネを貸すという事は、その信用が対外的に正しいものなのかを確認する必要があります。

 

つまり予め個人信用情報機関等へ照会をかけ、その申込者の信用情報を確認した上で、自社のガイドラインに批准しているかどうかを確認した上でキャッシング即日利用の決裁を行います。

 

これが無担保ローンの審査なのです。

 

無担保ローンを利用する際には必ずと言っていいくらい審査がありますが、これは申込者の粗探しをしているのではなく、法律上貸出可能な水準に居るのか?また返済余力がある顧客なのかを分析しているのです。

 

法律上貸出可能かどうかですが、これは総量規制といって貸し出しに際しては年収の3分の1以内で貸し出ししなくてはならないというルールで、キャッシング即日利用した時点で年収の3分の1以上だといくら貸付けを希望しても、貸出したいお客さんでも法律の制限によってお断りしなくてはなりません。

 

また返済余力も対外的に分析します。

 

勤務先と役職、そして現在の年収や家族構成や世帯年収等によって返済できる金額を概算で算出します。

 

そしてキャッシング即日利用でも問題ない顧客かどうかを判断した上で貸付するかどうかを決めるのです。

 

かつてこの審査は人の手と目で行っていましたが、最近は殆どがコンピューターで審査しますので結果がわかるまでの時間が大幅に短縮され、早ければ数分で結果がわかるようになってきました。

 

利用条件を確認しておく事

キャッシング即日利用を申込するにあたっては事前にご利用条件を確認しておく必要があります。

 

ここで言うご利用条件とは、一つに金利と二つに返済方法です。

 

まず金利ですが金利はキャッシング即日利用をする上で非常に重要な項目になってきます。

 

カードローンの金利とは多くが日割り計算になっており1日ごとに金利が加算されていきます。

 

従って返済日までの金利がいくらくらいになるのかがとても重要になり、また金利の利率が低ければ低い程毎月負担する金利割合も低下していきます。

 

そのため金利負担を抑えてキャッシング即日利用をするのであれば、低金利で借り入れをした後短期間で一気に返済する事が最も負担が少ない返済といえます。

 

そして二つ目の返済方法も重要です。

 

まず、カードローンを利用する上で絶対条件が、返済可能なATMが近くにある事が重要になってきます。

 

この返済可能なATMがある地域に住んでいる事がキャッシング即日利用において最も重要な事項になります。

 

また返済するにあたり予め返済日も確認しておかなくてはなりません。

 

返済日までに返済するだけの資金を担保しておく必要がありますので、給料日の前の日や前々日というお金が一番ない時が約定日になるのであれば、そこは予め約定返済日の変更を相談するなど、キャッシング業者との交渉が必要になります。

 

キャッシング即日利用に際して利用条件の確認とは、利用する事以上に重要な項目になっているのです。

 

返済が遅れるとペナルティ

カードローンのキャッシング即日利用とは即日というだけあって機動性に優れており、カードを発行すると多く旨即日利用が可能です。

 

しかしそれはちゃんと約定日という期日に必要な約定額、つまり毎月支払わなくてはならない額を支払ってもらえるという信義則に基づいていますので、仮に約定日に1日でも支払いが延滞したら即利用は指し止められてしまいます。

 

その上約定日以降に発生する金利は通常の金利よりも高い延滞利率で計算されていきますので、通常金利以外にも大変高額な延滞利息のダブル負担が必要になって来るのです。

 

これまで円滑な貸し借りの関係だったカードローン会社との関係がたった1回の延滞で、一気に信用を落とす事になるのです。

 

昨日までニコニコしていたカードローン会社が突然手のひらを返すかの如く鬼になる姿は、貸金業者の二面性を見る事になるでしょう。

 

しかしそれが信義則に基づいた貸金業者と顧客との間の約束であり、守れなかった時のペナルティになるのです。

 

もしキャッシング即日利用して貸金業者と円滑な貸し借り関係を築いていきたいという事であれば、絶対に期日には遅れない事です。

 

遅れるとその代償は想像以上のモノになります。

 

また自身の信用にも傷が付きますので、今後増額を希望するなどの審査の際には信用の面から返済遅延の事実が足を引っ張る可能性があります。

 

キャッシング即日利用しても期日にはしっかりと耳揃えて返済することが大人としての義務であり、それを求めているのがローン会社なのです。